SR600規則が改訂されました

2017年度より、SR600の規則が改訂されています。
出走される方は事前に内容を確認ください
SR600KN出走マニュアル2017
・ランドヌール部門の制限時間は、獲得標高にかかわらず60時間となっています。
・ツーリスト部門の1日の走行距離は、75kmに緩和されました。
・ツーリスト部門のスタート地点は、「コース上の任意の地点」ではなく、
「キューシート上の任意のポイント」になりました。

その他、詳細はマニュアルとAudax Japanのホームページを参照ください
http://www.audax-japan.org/Super-Randonnees-rule.html

駐車場の案内

今後、宇都宮市森林公園スタートのBRMにクルマでアクセスされる方への
ご案内とお願いです。

今までは大駐車場横の道路脇駐車場をご利用いただいていましたが、
このスペースは普段登山客などにも利用されており、
私たちブルベ利用だけでの占有は、そういった方々に
ご迷惑おかけしていることがわかりました。

つきましては、今後は下記添付 ダム下の第5駐車場への駐車をお願いいたします。
駐車場案内
今までより少々不便な場所で、皆さんにもご不便おかけしますが、
今後の円滑な運営を続けていくために必要な措置ですので、
皆様のご理解とご協力をお願いします。

※当日はスタッフが入口で案内させていただきますが、
前日泊など当方で把握しきれない場合もあります。
スタート受付時点で道路脇に駐車されている方には
移動をお願いする場合もありますのでご注意ください。

Audax Japan 稲垣会長訃報に際し(AJ宇都宮代表挨拶)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既にスタッフより報告いただいておりますが、AJ宇都宮代表として、あらためてご挨拶申し上げます。

突然ですが、標題のとおり、現Audax Japan会長 稲垣照聡氏が亡くなりました。
ニュージーランドの1200kmブルベにて、同行の62歳英人男性と走行中、トラックに追突されたとのこと。
稲垣氏本人はその場で亡くなり、同行の男性は病院に搬送されたそうです。
(3/15時点情報では同行の男性も亡くなった という知らせでしたが、3/16時点の情報では男性は存命で、意識も回復されたとのことです。
不幸中の幸いです。一日も早い回復をお祈りします)

稲垣氏は2016年度よりAudax Japanの会長を務められ、組織運営の改革に積極的に乗り出し、財務の健全化などを強力に推進する一方、
熊本地震への義援金呼びかけに始まり、海外遠征者が現地でのプレゼント交換に使えるピンバッジの製作・提供、Audax Japanロゴの作成、ジャージのデザインと製作 など、数々の施策を行い、盛り上がってきた日本のブルベの更なる隆盛に大いに貢献されました。
一方、自身もブルベをこよなく愛する「超」のつくベテランランドヌールで、国内はもとより世界中のブルベに参加し、様々な実績を作られた超人でした。
更にその一方、BRMの参加中、同行の若手や新人の方とも気さくに話しかけられ、ノウハウやマナーの伝授など様々な指導をされるとともに、様々なトラブルに豊富な知識で支援されるなど、人情にあふれる暖かい人柄でもあり、内外に多くのファンがいる魅力的な人物でした。

そのような人物像や実績もありますが、何より会長の、ブルベ中の事故死という事態はAudax Japan発足以来最大の事件であり、我々AJ宇都宮スタッフも、他主催者と同様大きな衝撃を受けております。

この事態を受けて、今週末 3/18~20 に開催予定のBRM開催は、主催者の判断に委ねられておりますが、AJ宇都宮としては、(稲垣氏はそのように望まれていると考え)BRM319宇都宮400km銚子 を、予定通りに開催いたします。
参加を予定されていた皆様は、今まで通りに準備を進めてください。

尚、BRM当日には、以下のイベントを予定しておりますので、ご協力をお願いします。
・スタート/ゴールにて記帳を受け付けます。
(記帳とメッセージのみです。香典は受け付けませんのでご了承ください)
・ブリーフィング前に全員で黙祷を捧げます。
・スタッフは喪章を着用させていただきます。
また、参加者向けにも若干数の喪章を用意いたしますので、希望される方はご使用ください。

突然天国へ旅立たれた稲垣さんですが、心はまだ私達と共にあると思っています。
BRMの走行中も、そこに稲垣さんの魂がともに走っているかもしれません。
参加者の皆さんには、くれぐれも安全に配慮しながら、存分にサイクリングを楽しみ、故人に思いを馳せていただきたいと思います。